寝すぎると頭痛になるメカニズムと対処方法

あなたは、
寝すぎて頭が痛い、
ってことありませんか?
不思議ですよね。

ここでは寝すぎて頭が痛くなる
メカニズムと対策について
説明したいと思います。


○原因
寝過ぎたあとの頭痛は、
緊張型頭痛と片頭痛と呼ばれる
2種類の頭痛が
同時に起こっていると考えられます。

緊張型頭痛は
血管が圧迫されることで起こる頭痛です。

肩や首すじの筋肉が
長時間緊張すると
周辺の血管が締めつけられて、
頭痛が発生します。
このタイプは、
主に後頭部に痛みを感じます。

これに対し、片頭痛は、
こめかみの周りの血管が
拡張することによって起こります。

血管が拡張すると、
そのぶん周辺の神経が
圧迫されることになります。

そしてその刺激が大脳に伝わって
「痛み」と認識されるのです。

この頭痛は、脈打つように
「ズキンズキン」と痛むのが特徴で、
こめかみ付近に強い痛みが出ます。


○頭痛のメカニズム
緊張型頭痛について、
これは寝ている間に
肩・首に負担がかかることが原因です。

眠っている間、
寝がえりの際に多少動く程度で、
肩や首の筋肉はほどんど動きません。

そのため、
眠りすぎると
肩こりのような状態になってしまい、
周りの血管が圧迫されて
頭痛が発生するというわけです。

首や肩まわりの筋肉を緊張させる
原因の1つは高すぎる枕です。
高すぎる枕は
首の後ろ側をひっぱることになります。

一方、片頭痛について。

睡眠中は脳も体も休息状態にあります。

休息している=緊張がとけている
ということですから、
リラックス状態になります。
副交感神経が優位になり
脳の血管は拡張します。

また、
寝すぎると血行が悪くなるので、
血管を調整する働きのある
「セロトニン」という物質を
脳内に大量に放出し、
頭の中の血管が弛緩させます。

弛緩した血管は拡張し、
それが周囲の感覚神経を刺激することで
頭痛が起こるのです。

そして
寝すぎたときには必要以上に
脳の血管が広がってしまい、
周囲の神経を圧迫することになります。


○対処方法
片頭痛と緊張型頭痛が
合わさって発生している可能性があり、
そしてこの2つの頭痛は
正反対の性質を持っています。

緊張型頭痛=血管が圧迫されて起こる
片頭痛=血管が拡張して起こる

そのため、
片頭痛に有効とされている対処法が
緊張型頭痛を悪化させてしまう
可能性があります。
もちろん、その逆もありえます

たとえば
コーヒーに代表されるカフェインは
血管を収縮させるので
片頭痛には良いとされていますが、
緊張型頭痛には逆効果です。

それに対して、
痛む部分をマッサージするのは
血行がよくなるので
緊張型頭痛には有効ですが、
片頭痛に対しては、
血管を余計に広げてしまうため
痛みを増やすことになります。

そのため、
対処方法を間違えると
逆効果になってしまいます。
そこで有効な対処方法は以下の通りです。

まず緊張型頭痛に対しては
首や肩を温めることが有効です。
それまで収縮していた
血管が広がるため、
頭痛の軽減につながります。
蒸しタオルや湯たんぽなどで温めると
効果的です。

片頭痛に対しては
こめかみ周辺の血管が
拡張していることが原因ですので、
こめかみを徹底的に冷やします。
アイスノンなどを
薄手のタオルで巻いて
冷やすのが効果的です。


○予防策
緊張型頭痛に関しては、
事前に予防する方法があります。
それは、寝る前に
首・肩の筋肉をほぐしておくことです。

それには入浴がオススメです。
入浴は身体を温めるほかに、
寝つきをよくする効果がありますし、
眠りを深くすることも期待できます。
また、アロマバスでリラックスする
というのも、
精神的な緊張を解くことになるので
いいかもしれません。

また、前述したように
高すぎる枕も原因なので
自分に合った高さの枕を使うのも
必要になります。

片頭痛に関しては
長時間の睡眠をとって
脳の血管が広がりすぎないように
するために
「眠りすぎないようにする」
ことが大事です。

また、ストレスをためない生活習慣や
頭痛に効くサプリメントなどを服用して
片頭痛が起きない
体質にすることも重要です。


○その他の注意点
休日の睡眠時間が
平日よりも2時間以上も多いなら、
それは日ごろの睡眠時間が
足りていない証拠です。

休日・平日の睡眠時間は
変えないほうが
身体の負担も少なくてすみます。

しかし、なかなか寝る時間を確保できない
という場合は、
睡眠の質を向上させるために
日頃の生活リズムを整えましょう。

社会人になると、どうしても
生活リズムが崩れがちです。
そのためにはまず、
精神状態が頭痛を引き起こす
原因になることがあるので、
日頃からストレスを溜め込まない
ことが大事です。

生活リズムを崩すことで、
身体のあちこちに不調が
出やすくなってしまいますので、
平日も休日も、
就寝・起床時間を守りましょう。

それから、人間にはそれぞれ
ベストな睡眠時間があるものです。

自分は何時間寝ればスッキリできるのか
をちゃんと知っておくことも大切です。

また、「チラミン」という物質を
多く摂り過ぎないことも大事です。

これは赤ワインやチョコレート、
さらに柑橘類に含まれる物質で
血圧上昇を促すため、
摂りすぎると
頭痛を引き起こす原因になります。

日頃の食生活にも
気を配ってみてください。

自身の健康のためにも、
自分で気を付けていきましょう。


また、寝すぎは
頭痛を引き起こすだけでなく
身体に悪い影響を及ぼすことがあります。
たくさん寝る生活を続けていると、
脳の活動が低下し、うつ病の
原因にもなることがわかっています。

人間の理想的な睡眠時間は
6時間半〜7時間半の睡眠ですが、
9時間以上の睡眠は、
寿命を縮めるという研究結果もあるのです。

さらに、
昼寝などの短時間の睡眠や、
特別長過ぎない睡眠後にも
頭痛が起こる場合は、
怖い病気である
脳腫瘍やうつ病、
睡眠時無呼吸症候などの
病気が隠れている場合があります。


posted by かみん at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 特徴〜寝すぎて痛む〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする