頭痛とコーヒー〜コーヒーは頭痛に効く?効かない?

頭痛にコーヒーは悪影響だという説と、
頭痛に良いという説、
両方が聞かれます。

いったい、片頭痛とコーヒーの関係は
どうなのでしょう。



○コーヒーは頭痛を治す?
片頭痛は、
脳の血管が異常に拡張することで
起こる痛みです。

血管が急激に広がることで、
周りの神経を刺激して痛みが生じます。
つまり、血管を縮めてしまえば、
痛みは治まります。

コーヒーに含まれるカフェインには、
血流をよくしたり、
脳の血管の収縮を促す作用があります。

そこでコーヒーを飲むことで、
カフェインが持つ作用によって
血管を収縮させ、痛みを抑えるのです。

実際、コーヒーを飲むことによって
片頭痛が治まるという経験がある人は
多くいます。

さらに、
飲み方によっては糖尿病予防に効いたり
コーヒーと同じ成分が入った抗がん剤で
治療したところガンが小さくなったり
などなど、
さまざまな効用があるのです。

しかし、ここで1つ注意したいのが、
コーヒーを飲むタイミングです。

痛みが起こる前に、
予防としてコーヒーを飲むことは
意味がありません。
片頭痛の症状が出始めた頃に
コーヒーを飲むことで、
痛みを抑えることができます。

すでに拡張している血管を
収縮させることで
痛みを抑えるので、
痛みが起こり始めてから
コーヒーを飲むようにすると効果的です。

このように、
カフェインには
短期的には頭痛を緩和する作用が
あります。
鎮痛剤にもカフェインが
配合されていることがあるのです、


○コーヒーは頭痛を悪化させる?
では逆に
コーヒーは頭痛を悪化させるかどうかに
ついて。

実は、これも間違いではありません。
コーヒーを飲むタイミングと
飲む量が問題なのです。


もし、コーヒーを普段から
1日何回も飲むという人は、
片頭痛になるリスクを
高めているかもしれません。
これも、カフェインが持っている
血管収縮作用が関係しています。


片頭痛が起こっていない状態とは、
血管が拡張していない状態です。

そのようなときに血管収縮作用のある
カフェインを多く摂ると、
普段よりも、
血管が縮んでいる状態が続く
ということになります。

そんな中で片頭痛が起こってしまうと、
血管が必要以上に収縮した状態から、
一気に血管が拡張してしまいます。
つまり、血管の拡張率が
グンと高くなってしまうのです。

この拡張率が高ければ高いほど、
片頭痛の痛みは酷いものになります。

片頭痛の人が
カフェインを週に3日以上摂ると、
依存性が生じ
片頭痛の頻度が高まります。

カフェインを、
片頭痛が起こっていない状態で
日常的に摂取することで、
血管収縮時と拡張時の差を
大きくしてしまい、
痛みを酷くしてしまうのです。


○コーヒーを飲むときに気をつけたいこと
また、
食後のコーヒーに気を付けましょう。
コーヒーは、カフェイン以外に
タンニンやクロロゲン酸
という成分が含まれます。
これらはさらに鉄イオンと反応して
結びつく性質を持っています。

そのため、たとえ鉄分の多い食品を
摂取したとしても、
上手く吸収することができません。

いくら体内に鉄分をたくさん入れても、
吸収されなければ意味がありませんので、
貧血の人や貧血気味の人は、
食後にコーヒーを飲むと
貧血で頭痛になる可能性があります。

ただし、
タンニンは焙煎するほど減少するため、
イタリアンローストなど
深煎りのコーヒーであれば
あまり影響はありません。


また、飲み方によっては、
低血糖症・急性カフェイン中毒
を引き起こすことがあり、
これらも頭痛の原因になりえます。


○コーヒーとうまく付き合うために
目安として、
普段から1日5杯以上
コーヒーを飲む習慣があるという人は
要注意です。
コーヒーだけではなく、
チョコレート、清涼飲料水、
紅茶、緑茶、コーラ、
栄養剤にも
カフェインは含まれています。
つまり、私たちの日常生活では、
カフェインはとても身近な存在なのです。

様々な飲み物を含めて、
カフェインの大量摂取を
控えるようにしましょう。

片頭痛が起こっている最中は
有効ですが、
日常的な大量摂取は
片頭痛を悪化させます。
うまく利用して、
片頭痛に有効な飲み方をしましょう。


また、コーヒーも何でもよいわけでなく、
「選ぶ」ことも重要です。

焙煎したてのコーヒーは、
豆が酸化してないので胃に優しく、
深煎りのコーヒーは、
良く火が入っているので
カフェインが少ないです。

自家焙煎の珈琲屋さんに行けば、
これらのコーヒーが飲めます。
インスタントやスーパーの袋詰めは、
安いですが、残念ながら
体への悪影響も大きいのです。
本物のコーヒーを飲むようにしましょう。


posted by かみん at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 関係〜コーヒー〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コーヒーで頭痛がする?その理由

コーヒーは片頭痛の緩和に効果がある

というのは良く知られていますが、
コーヒーを飲むと後頭部と目が痛む。。。
という人もいます。

これは一体どういうことでしょうか?

可能性としては、
以下のことが考えられます。


○眼圧が上がっている
コーヒーなどの
カフェイン飲料は利尿作用が
強い飲み物です。

つまり、カフェインで
水分が吸い取られてしまうのです。
そのとき、
目の水分も吸い取られてるため、
眼圧を上げる作用もあります。

眼圧が上がることによって
引き起こされる緑内障などの病気では
眼圧が上がることによって
目の周りの視神経を圧迫して
頭痛も引き起こすことがあります。

海外の実験データによると、
カフェインの量はで眼圧が高くなるのは
約200mg以上とのデータがでています。
これはあくまでも基準値で、
年齢層や男女によって異なります。

つまり、
毎日生活する中で
カフェインを摂取する量を
200mg以下までなら
大丈夫だということになります。

カフェイン200mgとは、
緑茶・紅茶・コーヒーなどの2〜3杯
になります。

これらのことを頭において
計画的に飲むようにするのが
大事かと思います。
もちろん、人により
眼圧が上がる量は異なりますので
ご注意を。


○体の酸化
豆が酸化してない
焙煎したての珈琲や挽きたての珈琲
はあまり苦くもなく、
健康に良いですが、

インスタントコーヒーなどは
酸化されている状態です。

酸化は体の老化を引き起こしますので
体に悪影響が及ぶことがあります。
その影響で頭痛が引き起こされた
とも考えられます。


○貧血・低血糖症
コーヒーの
カフェインやクロロゲン酸が
鉄分の吸収を阻害することで
血中の鉄分が減少するため、
貧血を起こすことがあります。

また、
空腹時のブラックコーヒーは
低血糖症になりやすいです。

貧血も低血糖症も
頭痛を引き起こす病気です。

posted by かみん at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 関係〜コーヒー〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする