片頭痛もちは群発頭痛になりやすい?

群発頭痛…
発症する人は片頭痛に比べ
ごくわずかですが
あの出産よりも辛い、と言われ
「目をえぐられる痛さ」の
群発頭痛は経験したくない
ですよね。

片頭痛もちは群発頭痛に
なりやすいのでしょうか?

その群発頭痛と片頭痛
まずは、
この2つの頭痛の相違点から説明します。


群発頭痛は、頭の片方が痛むところが
片頭痛と似ていますが、
「似て非なる」頭痛です。

群発頭痛は、
頭痛がある期間毎日のように起きる、
持続時間がほぼ一定であること
などより、
脳の体内時計に関係している
と考えられています。

また、
脳の一番奥の視床下部から
頭痛信号が発信され、
続いて三叉神経に頭痛が伝わっていきます。
つまり、
片目のあたりに起こるのです。
たまらない痛さです。
しかし持続時間は
1〜2時間と短いのが特徴です。

一方、
片頭痛は平均月2回の頭痛です。
数時間〜数日痛み続けます。

また、
群発頭痛は男性に多く
片頭痛は女性に多いです。

病院で治療を受ける場合、
群発頭痛では、予防薬として
ベラパミル(商品名:ワソラン)という
不整脈の薬が適用されます。

一方で、片頭痛に効果がある
ロメリジン(商品名:テラナス)などは
効果がありません。

群発頭痛の発作は
突発的で激烈に起こるため、
内服薬では効きが遅く
効果を実感できません。

そこで発作時には、
自分で注射するスマトリプタンの
皮下注射が有効な治療法として
推奨されています。


一方、
群発頭痛が片頭痛と
似ている部分もあります。

片頭痛の治療薬である
トリプタンが有効なことから、
片頭痛同様、
三叉神経血管系が原因であり、
首の奥にある動脈の炎症と
血管の拡張が起こるため、
激しい頭痛が
引き起こされているのではないか
と言われています。

群発頭痛では、
痛みの起こる時刻がほぼ一定していて、
特に明け方が多いようです。

このようなケースでは、
発作期間中、
就寝前に
エルゴタミン製剤や
トリプタン系薬剤
を飲むことで
睡眠中の頭痛を予防できる場合があります。
エルゴタミン製剤や
トリプタン系薬剤は
片頭痛にも効き目があります。

以上により、
頭痛の症状は違えど
治療法はかなり似ている部分が
あります。

ただ、頭痛の原因は
同じ「ストレス」です。

緊張性頭痛も同様ですが、
日々のストレスが積み重なって
頭痛が起こるようになります。

その点では、
片頭痛もちの人が他の人より
群発頭痛になる
可能性はある、といえます。

ただし、
大事なのは
頭痛になる可能性があることを認識し
ならないように備えておくこと
だと思います。


群発頭痛は
自律神経の関与が強いため、
頭痛が起こっている間(=群発期)は
規則正しい生活を送ることが大切です。

また、
アルコールで群発頭痛が誘発される
ことも知られており、
群発期の禁酒は必要になります。

タバコを吸う人に多いことも
群発頭痛の特徴です。
群発頭期は禁煙しましょう。

日常生活の中で
頭痛を誘発する要因を
できるだけ取り除くことが大事です。

また、気圧の急激な変化は
血管を拡張させたり、
神経を刺激して頭痛を引き起こすことが
あります。
登山や飛行機に乗る場合は、
医師に相談しましょう。


posted by かみん at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 病気〜最強!群発頭痛〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最強の頭痛、群発頭痛の基礎知識

群発頭痛。。。

発症するとのたうち回らないと
いられないくらいの頭痛が起き、
出産よりも痛い、と言われています。


群発頭痛とは
どういうものなのか、
説明します。

群発頭痛は、
一定期間内に頻繁に
頭痛が起こります。

群発頭痛患者は9:1の割合で
男性に多いです。
発生率に人種差はありません。
20〜30歳代の男性に多く、
半年〜2、3年の周期で集中的に起きます
(群発期といいます)

頭痛はほぼ毎日起き、
数週間から2ヶ月間続きます。
40代半ばから周期が長くなります。

群発期を過ぎると
を過ぎるとしばらくの間、
症状はおさまります。

症状としては、
どちらか片方の目の周囲
目の奥
こめかみあたり
がえぐられるように激しく痛みます。

夜中や早朝に起こることが多いです。

さらに、自律神経が刺激されて
次のような症状が起こります。

・目が赤く充血する
・涙が出る
・鼻がつまる・鼻水
・まぶたが腫れる・下がる
・汗をかく
など

また、
群発頭痛の治療法は、
発作時の痛みを改善する治療と、
発作を起こりにくくする予防的治療の
2種類があります。


○発作時の痛みを改善
・スマトリプタン
頭痛鎮静効果があります。
この薬は群発頭痛の発作時の
第一選択の薬として使われています。

・酸素吸入
発作時の痛みには酸素の吸入も有効です。
医療保険がききません。


○予防的治療
・エルゴタミン製剤
頭痛が起こる前(就寝前など)に
タイミングよく服用することで
予防効果があります。
ただし痛みが本格化してからの服用は効果がないので注意が必要です。
・抗てんかん薬
・抗うつ薬
・カルシウム拮抗薬
・副腎皮質ステロイドホルモン


群発頭痛は、
発作を助長する要因を
取り除くことが大事です。

お酒に強い体質か否かにかかわらず、
飲酒が引き金になることが多く、
一口飲んだだけで発症する人が
多いといいます。

さらに、群発頭痛患者は
喫煙者が多く見られるというデータも
あります。


posted by かみん at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 病気〜最強!群発頭痛〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最悪の頭痛!群発頭痛。その予防と対処

予防法

・群発のためのスケジュールを作る
群発頭痛の周期・傾向をつかみ、
発作の無い時期だけ、
外で活動を行うようにし、
発作のある時期は
なるべく理解のある家族などと
共にいるようにします。


・予防薬の投与
ベラパミル(ワソラン)、
ステロイド、
ゾーミック
などの予防薬を
日常から投与しておきます。

ベラパミル(ワソラン)錠は
一日に3〜6錠(一錠40mg)を3回に分けて
夜寝る前に服用します。
ただし有効率は6割程度です。
痛みが出始めたまさに
そのタイミングで注射。
(日本では240mg/日まで)
この薬は保険適用外です。

ステロイド
(たとえばプレドニン、デカドロン)は
短期間(1ヵ月以内)服用します。
12錠から初めて連日1錠ずつ減量し、
発作が起こった時点で前の服用量に戻し、
3日間足止めして、
ふたたび減量する方法をとります。
ただし1ヵ月以内に終了する
必要があります。


・頭痛持ちカード?を持ち歩く
周りに知り合いがいない交通機関などで
発作が起きたときは、
周囲の人はどうすればいいのか
わからりません。
そのため、発作が起きたときでも
すぐに取り出せるように
カードみたいなものを持っていて
発作が起きたときに
周りの人にしてほしいことを
書いておけば効果はあります。


・理解者を増やす
群発持ちであることの
理解者は多いにこしたことは
ありません。
多いほど、発作が起こったとき
何が起こったのかはわかり、
自殺は止めてくれる可能性は高いでしょう。
そのため、
接触頻度の高い人たちには
あらかじめ群発持ちの説明をしておくのが
いいと思います。


・内科に受診し安定剤(たとえばデパス)
の服用


・神経内科の受診も良い



対処法
・イミグラン自己注射と座薬、
そしてSG顆粒とコンスタンでしのぐ。
痛みに合わせて薬を選ぶ
(一日2回が限度)


・首の動脈を冷す
ひえピタクールなどを貼ると効果的。
お風呂やアルコールは厳禁。


・純酸素吸入法
純度100%の酸素を
医療用の大型酸素ボンベから
フェイスマスクを通して
毎分7リットル、
約10〜15分吸入する治療法で、
たいていは酸素を吸入して
5分ほどで痛みは軽くなってきます。
発作が起こったら、
できるだけ早く行うと、
より効果的です。
この方法は8割の人に効果がある
といわれています。
医療機関で申し込むと
医療用酸素ボンベの取扱い会社から
酸素ボンベやマスクの貸し出しを
受けることができますので、
主治医の先生に
相談してください。



タグ:群発頭痛
posted by かみん at 19:00 | Comment(0) | 病気〜最強!群発頭痛〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする