締め付けられるようなおでこの痛みの原因と治し方

こんにちは。

締め付けられるように
おでこが痛くなることはありませんか?


これはおそらく、
緊張型頭痛の一種でよいかと思われます。

色々な原因により、
肩、首、顔まわりの筋肉が萎縮し、
締め付けられるようになり、
痛みが起こります。

これは、体質にもよりますが、
一種の血流障害が起こっている状態です。
疲れやストレスが溜まったとき、
目の酷使、
季節での温度や気圧の変化、
自律神経の異常
などにより、
血流が悪くなるために
起こるものです。

肩がこっていなくても
首や顔まわりだけでも
発生します。

基本的には体を温めて
血行を良くすれば
痛みは治まるはずです。
それは、
お風呂に入ったり、
ストレッチをしたり
マッサージをしたり。
特に耳や頭皮のマッサージは
効果的です。

ただし、やりすぎて痛みが増した場合は、
中止してください。

また、
好きなことをしたり、
リラックスなど
精神を落ち着かせることも
有効なことがあります。

以上、これらの情報が
お役に立てればうれしいです。

タグ:緊張性頭痛
posted by かみん at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 特徴〜前頭部が痛い〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

こめかみに頭痛が起こる原因

こんにちわ。
今回はこめかみに鈍痛が起きることに
ついてお話します。

あなたは、
こめかみの部分、
あたまの横側が痛むことは
ありませんか?、


これは、
「緊張性頭痛」と呼ばれる
頭痛の可能性が高いです。

頭はボーリングのボールほどの
重さがあり、
これを首の骨と筋肉で
支えてます。
そのために首や肩がこったり、
痛かったりするのです。

パソコンや仕事で
同一姿勢を長時間続けたり、
不安やストレスが引き金となり、
緊張型頭痛が起こります。
首の後ろや肩、背中の筋肉が
長時間緊張することで、
筋肉の血流が低下し、
疲労物質である乳酸やピルビン酸などの
老廃物質が溜まります。
それらが神経を刺激し、
締め付けられるような鈍痛が
筋肉から起こるのです。

また、首や背中を痛めたりしている
場合にも起こりえます。

有名な片頭痛だと思っていた
頭痛の正体の多くは
緊張型頭痛の可能性が高いです。

緊張型頭痛の特徴は、
後頭部・側頭部・こめかみが
締め付けられるような、圧迫されるような
鈍痛が特徴です。
個人差がありますが、
鈍痛は数時間から
1日中続くこともあります。

また、
片方だけが痛い場合、
片側の肩がこっていたり、
骨盤がずれている可能瀬もあります。

緊張型頭痛の場合、大抵は
マッサージや
患部を温めたりすることで
和らぐことが多いです。

また、下記のような体操を取り入れても
効果的です。
・クロールする要領で腕を回す
・頭を真横に倒す
・首を前だけ回す(後ろは逆に痛めやすい)
・後ろに手を組み、腕を伸ばす

ただし、これらをやって
逆に痛みが増した場合は、
中止してください。

以上、これらの情報が
あなたのお役に立てれば幸いです。

posted by かみん at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 特徴〜前頭部が痛い〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

頭の前の方が痛い場合に考えられる病気

頭の前の方が痛い、
吐き気がある、
などの症状をお持ちのあなたへ。

考えられる頭痛の種類を列挙します。

○片頭痛
何らかしらの原因で血管が拡張し、
周りの神経を圧迫することで
起こる頭痛です。

特に女性に多く、
日本人の何割かは患っています。

前兆として
目の前がチカチカしたりする
ことがあります。


○副鼻腔炎
鼻の奥にある鼻腔という場所に
炎症が起きて
それが頭痛を引き起こすことがあります。


○アイスピック頭痛
神経を痛めることで、
発生する頭痛です。

アイスピックで突き刺されたような、
ズキッと鋭い痛みが来ます。
痛む場所は移動し、
毎日のように起こります。


○帯状疱疹
発疹を起こすウイルスが
頭の血管に侵入し、頭痛を引き起こします。
皮膚科で治療します。


○三叉神経痛
三叉神経という顔にある神経が
痛む病気です。

痛む場所が特定でき、
患部を押さえることで
頭痛が改善するのであれば、
この頭痛の可能性が考えられます。

神経内科などの専門医で治療します。


○緑内障
目の眼圧(眼球内の圧力)が
高くなることで視神経に影響を与え、
目に障害が起きる病気です。


○髄膜炎
脳と脊髄を包んでいる
脳膜の軟膜とくも膜に炎症を引き起こす
病気です。



posted by かみん at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 特徴〜前頭部が痛い〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする