二日酔いの頭痛はアルコールの種類で起きないことがある

お酒で頭痛になることは
多いですが、
アルコールの種類によっても
頭痛になったりならなかったりします。

一般的に価格が高いお酒は、基本的に
アルコールの中でも高級の
「エタノール」というもので
作られています。
エタノールは分解が早く、
酔いにくい性質があります。

また、
アルコールの中でも低級の
「エタノール」というものは、
ウィスキーやブランデーといった
風味が強く独特のクセのある
蒸留酒やワインなどの果実酒には、
微量の含まれていますが、
もっぱら安いお酒に使われています。

メタノールは
通常のアルコール(=エタノール)と
一緒に血液内に吸収されますが、
エタノールと比較すると
肝臓での処理に
非常に多くの時間を要します。
肝臓はエタノールの
アルコール分解を行なっている間は
メタノールの分解を
後回しにしてしまいます。
その結果、
メタノールが最後まで体内に残り
長い間アルコールが抜けない状態が
続きます。
その結果、
翌朝以降もお酒が残ってしまい
疲労感などの
二日酔いの症状が長引く原因となります。

また、メタノールそのものが有毒です。
メタノールは肝臓で分解される時に
ホルムアルデヒド、ギ酸、二酸化炭素
へと分解されます。
これら有害物質は
めまい、頭痛、腹痛、吐き気、背中の痛み
などの原因となります。


posted by かみん at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 関係〜お酒〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お酒で次の日頭痛がしたけど、実はアルコールが原因ではないかも!?

お酒を飲みすぎると二日酔いになって
頭痛がする、というのは有名ですが
酒による頭痛には、
アルコール以外にも原因はあります。


例えば、「発泡酒」や「新ジャンル」
などのアルコール飲料。

通常のビールは
麦芽、ホップが主成分です。

一方、
「発泡酒」や「新ジャンル」
と言われるものは
麦芽、ホップのほかに、
糖類、カラメル色素、酵母エキス、
大豆たんぱく、アルコール、
食物繊維、米乳酸発酵液、酸味料、
香料、乳化剤、調味料(アミノ酸)、
酸化防止剤(ビタミンC)、
甘味料(アセスルファムK)、
酵母エキス、海藻エキス、
などなど様々な添加物が含まれています。

また、
割合的に
少ししか含まれないものについては
日本では表示義務はないので
表示以外にも含まれている
可能性はあります。

アルコール飲料は
添加物などの不純物が多い場合、
アルコールの分解を阻害し
悪酔いを起こしやすい傾向があります。

つまり、
飲んだ後、体調が悪くなるお酒は
安い=添加物が多い
ということになります。
また、人工甘味料などの添加物自体も
頭痛を引き起こす原因となります。


発泡酒をがぶ飲みしたことで
アルコール中毒などの
危険な状態になる、ということは
ありません。
しかし、
長期的な目線で言えば、
発泡酒などを飲み続けることが
健康を害する可能性はあります。
ただ、すぐに健康を害することはないので
それを証明するのは
現段階では非常に難しいです。

posted by かみん at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 関係〜お酒〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

酒を飲むと頭痛が治まる?!

酒を飲むと頭が痛くなる、
というのは良くある話ですが、

頭痛のときに
お酒を飲むと飲頭痛が治まる、
ということもあります。

これは
いくつかの観点から説明ができます。


緊張型頭痛などの
血流が悪いため頭痛が起こる場合、
アルコールの作用により
血管が良くなるため、
頭痛が無くなる。



酔った状態が
麻酔が効いた状態になっていて
普段の頭痛が感じられなくなっている



アルコールで開放的な気分にもなり、
身体的・精神的両方のストレスが
解消され、頭痛がなくなってる

ただし、
言うまでもないかもしれませんが
過度の飲酒は二日酔いになり
頭痛を引き起こしますので
あくまでも適量に。
適度にお酒とは付き合いましょう。





posted by かみん at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 関係〜お酒〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする