慣れない土地での頭痛と腹痛

慣れない土地で、
腹痛になるのはよくありますが、
頭痛にもなることがあります。

地元から離れ、
慣れない暮らしでのストレスが
影響しているのかもしれません。

また、慣れない土地での食事
というものも影響しています。

通常、
私たちの体は
住んでいる土地の水や食べ物に合わせて
体内の腸内細菌が構成されています。

それが違う土地に行った場合、
異なる水や食べ物を摂取することで
胃腸が対応できずに、
下痢になってしまいます。

旅行先、とくに海外旅行で
お腹を下してしまうことがよくありますが
これと同じことです。

また、頭痛に関しても
胃腸で消化・吸収しきれなかった老廃物が
有毒なガスを発生し、
それが体内をめぐり頭に到達して
頭痛を引き起こすこともあるのです。

自分でできる改善策としては
・水分補給
体が脱水症状を起こしていますので
水やスポーツドリンクを飲んで
体に水分を補給してあげることが大事です。
その際、
牛乳、コーヒー、お茶、
アルコール、コーラのような
色がついた炭酸飲料や
カフェインが含まれている飲み物
は胃に負担をかけてしまうので
避けてください。


・味の薄い消化の良い物を食べる
食中毒の後は
トースト、バナナ、ご飯、おかゆ等
味が薄く、消化がよいものを
少しずつ食べるのがお勧めです。

味付けが濃い食べ物や
揚げ物、乳製品、
高脂肪や砂糖が多い製品の摂取は、
避けましょう。


・休息をとる
脱水症状の結果、
身体が弱ってしまったり、
身体の免疫システムが
病気と戦うために、
休息が必要となります。

休息をとることは
身体が早く回復することになります。

無理をせず、
横になったり、寝たりして
十分に身体を休めましょう。




タグ:腹痛 頭痛
posted by かみん at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 関係〜環境の変化〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする