片頭痛とタバコの関係

何かと百害あって一理なし
とやり玉にあげられる
タバコですが、
片頭痛には
どのような影響があるのでしょうか?

タバコをよく吸う人は、
片頭痛になりやすい、
という話はよく聞きます。

もともと片頭痛もちな人が
タバコの煙をたくさん吸った日は、
頭がガンガンと頭痛がひどくなります。
別の人は
禁煙を始めた頃から
頭痛の発作がすごく減った、
とも言います。

しかし、逆に、
片頭痛のときタバコを吸うことで
痛みを和らげた人もいます。


タバコは片頭痛の原因なのでしょうか?
それとも、片頭痛の解消法なのでしょうか?

そもそも
片頭痛は血管の急激な収縮が
主な原因です。

血管が収縮することにより脳血流が低下し
収縮したあとは血管が拡張に転じ、
その結果、
片頭痛が生じるというのが流れです。


タバコが原因で片頭痛になる、
と言う場合、
タバコに含まれるニコチンという成分は
血管を収縮させるためです。
そのため、タバコをやめたら
血管の収縮は無くなり
発症の確率は減少すると
言われています。

しかし逆に
片頭痛で血管が広がっているときに、
ニコチンを摂取すると、
ニコチンは
血管を収縮させる作用があるので
片頭痛改善には効果があります。

このように理論上も
血管を収縮させるニコチンは、
血管が拡張した状態で起きる片頭痛に
効くのは確かです。


また、
タバコを吸っていても
片頭痛にならない人はならないし、
タバコを吸わなくても
片頭痛になる人はなります。
とても個人差があるのです。


ただし、
タバコで片頭痛を治す人より、
タバコをやめて回復・
タバコで悪化した人の方が
多いです。


人によってどの匂い、
どの煙がダメというのは違いますが
タバコの煙やにおいが、
実は片頭痛の誘発因子になる
可能性があります。


また、頭痛は解消できても
他のリスクが上がることがあります。
理論上は頭痛を解消できるタバコですが、
私たちの体の問題は
頭痛だけではありません。

例えば、
腫瘍とタバコの関連性については
長いこと研究され、
肺がんなどの病気も
見つかっています。

また、タバコは
脳への酸素をストップ
させることもあります。
タバコを吸っている時、
私達の体の中では
一酸化炭素中毒になっているのです。
タバコを吸う事で私達の血管は
収縮し血流が鈍くなってしまいます。
血液は脳への栄養補給や
酸素を運び辛くなり、
酸欠を起こします。

さらに
タバコを一本吸うと
約25mgのビタミンCが
壊されます。
ビタミンCにはストレス時に発生する
活性酸素を抑制する働きがあり、
私達の体を守る働きがあるのです。
タバコが止められないという方は、
日常にビタミンを取り入れてみるの
をお勧めします。

posted by かみん at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 関係〜タバコ〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする