気圧の変化による頭痛対処法

気圧の変化による体調不良、
お辛いことと思います。

それらの症状は、
そのほとんどが自律神経の不調に
よるものです。

ツボ押しも確かに効果はありますが、
日や環境により微妙にツボの位置は
移動したり、
気の流れが異なることもあるので
効果の差が出てしまうのです。

自律神経の
交感神経・副交感神経ともに
低迷状態なので、
両方を以下の方法で活性化しましょう。

副交感神経活性には
・サウナなどで汗をかく
・ストレッチをして体をほぐす
・お風呂に入って温める
・ミント・ラベンダーの匂いをかぐ
など。

交感神経活性には、
・運動をして汗をかく
・カレーを食べる
・柑橘類のフルーツを食べる。
・酢や柑橘系などの
酸っぱいものを摂取する
など。

中でもお勧めなのは
・カレーを食べる
です。
辛い方がより効果的ですが
辛いものが苦手で
甘口しか食べられない人でも
香辛料が新陳代謝を促進させますので
甘口でも充分効果はあります。


さらに
気圧の変動による体調不良は
以下の方法も有効です。

○血管を収縮させる
血管が拡張して血圧が低くなると、
心身に必要な酸素が
きちんと供給されません。
血管の拡張を抑え、
血圧を上げるような
以下の方法がお勧めです。
・コーヒーを飲む
・アルコールは控える(逆効果)
・患部を冷やす

○ミネラル・ビタミンの補給
低気圧の影響を受けるほど
体の調子が悪いときは、
必須栄養素が足りていないことも
あります。
特に、ミネラル・ビタミンは
不足しがちです。
ミネラル分の多い塩を
多めに摂ることがお勧めです。

○血中酸素飽和度を上げる
体全体が酸素不足な状態なので
深呼吸をゆっくりしましょう。
もしくは、
医療機関やサロンにある
「酸素カプセル」を使うのも
効果的です。

○しっかり休む
それでもあまり良くならない場合は
その日は思い切って何もしない、休む
というのもありです。
気になることは多々あるかとは思いますが
しっかり休む、という「決断」
をすることで、
体がリセットできて
明日への活力のもとになります。

タグ:低気圧 頭痛
posted by かみん at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 関係〜低気圧〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

低気圧で頭痛がするときの対処法

低気圧で頭痛が起こることは
よくありますよね。

この場合、
自律神経が乱れていることが
予想されます。
その対策について
効果的な方法をお教えします。


○体を温める
体がかなり冷えているはずです。
お風呂に入って体を温めるのが
お勧めです。

お風呂は、体を温めるだけでなく
リラックス効果も期待でき、
二重の意味で効果が期待できます。


○漢方
漢方薬は試されたでしょうか?
五苓散(ごれいさん)と呼ばれる漢方が
特に気圧低下による頭痛に効果がある、
という研究結果があります。
薬局で購入できます。

ただ、漢方なので、
ある程度飲み続けていないと
効果がでないことはご承知おきください。


○耳のマッサージ
頭痛がするとき、
以下の方法を試してください。

・耳たぶを少し痛いと感じるくらい
に引っ張る
・耳たぶを前・後ろに回す

耳たぶのマッサージは、
心地よい刺激により
副交感神経を優位にすることと
そして、
耳周りの筋肉を
刺激することにより
首こりや肩こりの症状を抑えること
による改善を行います。


○気圧チェック
いつ気圧が低くなるのか、
ということを事前にチェックする
ことも非常に大事です。

気圧が低くなる時間帯は、
なるべく体に負担のかかる作業を行わず、
おとなしくする、という対策がとれます。

ネットで調べることも出来ますし
今ではアプリでもわかります。

これら以外にも
整体・針灸院など
東洋医学系の医院に行ってみるのも
1つの手だと思います。


タグ:頭痛 低気圧
posted by かみん at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 関係〜低気圧〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする