勉強や読書の度に頭痛が起こって集中できない

勉強や読書の度に
頭痛が起こって集中できない、
ってことはありませんか?


体質的なところもあるとは
思いますが、
勉強や読書は、同じ姿勢を続けるので
血液が滞留しやすくなり
脳への酸素不足になるので
集中力が続かなくなります。

また、読書や勉強は
基本的には頭の中に
情報を詰め込む作業なので、
詰め込んだ情報を整理するための時間
=睡眠や休憩
は覚えるためには必要不可欠なのです。


たとえ、根性で乗り切ったとしても
後で具合が悪くなり、
逆に時間を浪費する可能性もあります。

ただ、その休憩の時間が長すぎたりして
時間を無駄にしてしまうのを
気にするかもしれません。
なるべく短くて済む方法を
お伝えします。


○強制的に休憩をとりストレッチ
タイムウォッチを用意して
時間になったら、
立ち上がり、両手を組んで上に伸ばす
そして、左右と上下に倒す、
というストレッチを行います。
このとき、深い呼吸を心がけて下さい。

○目をつぶって深呼吸
暗く静かな場所で
目をつぶって深呼吸をしましょう。
短時間でかなりの回復が見込めます。
また、うっかり寝入ってしまわないように
タイマーをセットしておきましょう。

○昼寝
毎回は多いですが、休憩のうち
一日一回くらいは
思いきって寝てしまいましょう。
15分程度でもかなりの
回復が見込めます。

また、途中で頭痛を起こさないためには、
普段の生活を改善することも
非常に重要です。

読書や勉強など机に向かって行う
作業の場合、
姿勢の悪さ、手元の暗さ
などでストレスがかかり
頭痛や眠気を促します。
特に、姿勢の悪さは、視力の問題だったり
そのように「癖」がついてしまった
ために発生するので、
その部分を改善するように
心掛けましょう。

また、以下のことも普段の生活に
取り入れることもお勧めです。
・規則正しい生活
・睡眠の改善
・食生活の改善
・体温を上げる
・服装の工夫
・筋力強化

タグ:頭痛
posted by かみん at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 付き合う〜集中したいとき〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする