西洋医療と代替医療どっちがいいの?


前回まで
「絶対的に正義」
「絶対的に悪」
ではなく、

「別視点の見方」を持つことの重要性についてお話ししました。
 
 
今回は、「病気」を例に挙げて、更に突っ込んだ話をします。
 
 
 
 
 
とある人が、癌センターでガンの告知を受けたそうです。

言われた時は頭が真っ白になったそうです。
その中で、

『どうして自分がガンになったのか?』
『どうしてそこに できたのか?』

と疑問を抱きましたが、
それに対しての説明をきちんとできない医師に自分の命を託す事ができなかったそうです。

そこで、西洋医学の検査を途中で止め、代替医療の道を選択しました。
 
しかし、そのことによって、自分では想像もしていなかった苦しみがあったそうです。
 
 
西洋医学を選択する事が当たり前な日本で、代替医療の道を選択した自分の考えは理解されませんでした。

特に親やパートナーの理解を得られなかったのは、非常に苦しかったそうです。

『一体私の命は誰のもの?』
というところまで、考えたそうです。
 
 
 
西洋医療と代替医療という対立構造がある中では
ガンの克服は難しいと思います。
 
 
その人自身の意志は、
代替医療のみでの治療を望んでいたのですが、
周りの家族や、担当医との対話を重ねて、お互いに譲歩しながら、

「ガンを克服する」

という共通のゴールに向けて、
対立するのではなく、
お互いに歩み寄って、バランスをとって治療を進めることで、

お医者さんからも「奇跡だ」という言葉を
もらうくらいの回復を遂げました。

最終的には、ガンを克服したそうです。
 
 
 
西洋医療の抗がん剤、化学療法、外科処置で命を救われる人もたくさんいますし、

代替医療がうまく機能する人もいます。
 
 
反対に、

西洋医療で悪くなる人もいれば、

代替医療をゴリ押ししようとして病状が悪化する人もいるのが事実です。
 
 
西洋医療的な物理からのアプローチも大事だし、
東洋医学の情報空間の方からのアプローチも効きます。

しかし、それ以上に、食事や習慣を変えたり、
周りの人たちとの人間関係を改善することの方が、より大きな効果を発揮します。
 
 
このように、
「何が正しい」

という、絶対的なものはなく、

何が正しいのかは、
その人のその時の状況、関係性によって変わっていきます。
 
 
では、どうすればいいのか?
 
 
それは、自分と相手を含んだ
「関係性」
に着目すればいいのです。
 
 
以前に述べた夫と妻の問題においては、
「夫婦」という「関係性」に着目すればいいのです。
 
「夫」と「妻」ではなく、
「夫婦」という「1つ上の視点」で物事を考える、
ということです。
 
 
その上で、
『この関係性をより良くするためには、何ができるだろう?』

『そのために自分が果たすべき役割は何だろう?』

と考えてみてください。

そうすれば、
「相手が受け容れやすい形で、自分の伝えたいことを伝える」

という方法が見つかるかもしれません。
 
 
 
何か一つの「正しい道」があるという認識ではなく、
「俯瞰して全体のバランスをとる」

というアプローチが、一番効果的です。
 
 
大切なのは、
「正しい道」というのは、結果的にわかる、ということです。

「正しい道」だと思う道を進むために、
何かを犠牲にする必要があるなら、
それは「正しい道」ではありません。
 
 
頭痛を治すにしても、
健康にしても
人間関係にしても

「抽象度を上げる」ということが、
あらゆる「問題解決」に役立ちます。
 
 
 
普段から、思考実験、イメージトレーニングをしておくと、
この「抽象度を上げる」ことはできるようになってきますので、おススメします。
posted by かみん at 00:00 | Comment(0) | 治す〜最も大事なこと〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする