クスリ大好き日本人?!

【薬大好き日本人】

あなたは、数名の60代くらいの女性達が
レストラン、特に
オーガニック系のレストランで
食事をしている光景

見たことはないでしょうか??


その人達は、
「無農薬野菜を取り寄せている」
「加工品や添加物は避けて素材から手作り」

など、健康についての様々な話をして、
とても高い健康志向を持った人たちです。



しかし、食後になると、
彼女らは一斉に薬を取り出し、
口に入れたのです。

みんなコレステロールの薬だったそうです。




さて、ここで何をあなたは
感じたでしょうか?



食べ物にはとても気を使うのに、
薬となると平気で摂取しています。


『薬だから別にいいのでは?』


と思われるかもしれません。

しかし、
薬のほとんどは
自然には存在しない合成化合物で、

人の体にとっては
「異物」
です。


良い作用を期待できる一方、
悪い作用を引き起こす
可能性があります。

つまり副作用が起きるのです。


では副作用とは
一体どんなものなのでしょうか?



薬を飲むと、その成分は
体の中を巡りますが、

最終的に
酵素によって分解されます。


全員が均一に分解できればいいのですが、

酵素の力はそれぞれ違い、
解毒作用は人によって
かなり差があります。


そのため、副作用が

いつ?
どんな形?

で現れるかも人それぞれです。



市販の頭痛薬で半錠飲んで
効く人もいれば、

3錠くらい飲んで
初めて効く人もいて、

どんな酵素を強く持っているか?

または持っていないか?

それらは実際に
飲んでみないとわかりません。


極端に合わなければ、
薬疹が出たり、

中には
激しいけいれんを起こしてしまうことも
あるのです。


そのため、
市販薬の箱の
「適量」も
実はあてになるとは言えません。


医者の処方を盲信し、
無防備になってしまうこと
に警鐘を鳴らしている人もいます。


さらに、
その薬の成分を分解しきれず、
身体に滞留する場合もあります。


その成分が
長期的に滞留する時間が長い場合、

それこそ、
何十年と薬を飲み続ける場合
身体に対する影響は計り知れません。


特に日本人は新薬が大好きで、

『これはいい薬ですよ』

と新薬を進めれば、
どんどん喜んで飲むそうです。


しかし、これまで述べたように
副作用がどのように
あなたに影響を及ぼすのかは
誰にもわからないのです。


薬を使う時には
そのことも踏まえた上で使用する

ということを強くオススメします。


だからこそ、僕は薬ではなく、
このようなサプリメントの摂取をおススメしているのです。
posted by かみん at 17:54 | Comment(0) | 頭痛にお悩みのあなたへ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする